ヒューマンライフケア大倉湯グループホーム | グループホーム

札幌市のグループホーム、ヒューマンライフケア大倉湯グループホームをご紹介します。

2004年に開設したグループホーム(認知症対応型共同生活介護施設)です。

スタッフ一人ひとりが、開設当初からの理念である「一人ひとりの歴史と個性で輝く我が家(ところ)」を念頭において、日々の業務にあたっています。

ヒューマンライフケア全社および施設内での研修も随時実施し、スタッフが向上心を持って業務に携わることで、ご入居者様・ご家族様に満足いただけるグループホームを目指しています。

日常の生活を当たり前に、その方らしくお過ごしいただくとともに、外食や季節のイベント、地域のお祭りなどに参加し、ご入居者様・スタッフ共々日々楽しんでいます。

お身体の状況や認知症状はお一人おひとり差がありますが、1階と2階のご入居者様合同でのレクリエーションの機会も積極的に設け、ご入居者様同士の交流も大切にしています。

施設の特徴・メリット

  1. 散歩や行事、楽しいことがたくさん!

    okurayugh_b.jpg

    春はお花見、夏は焼肉、季節ごとの行事や日々のお散歩を楽しんでいます。グループホーム内での行事はもちろん、外食レクやお弁当を持ってお花見に出掛け足りもしています。地域のお祭りへの参加も毎年楽しみにしています。

  2. 手作りの温かい食事を提供します。

    okurayugh_e.jpg

    献立を決めていないので、その日の気候や、その日の気分でメニューを決めています。お誕生日会や行事の際もできるだけ手作りの食事やおやつを提供します。

  3. プライベート空間!

    okurayugh_h.jpg

    居室は見慣れた家具を持ち込んで、入居者様の落ち着く空間に。お風呂は一人ひとりのペースや気分に合わせて個浴対応。時には鼻歌を歌いながら、ゆっくり温まってもらいます。

ヒューマンライフケア大倉湯グループホームの取組み

フォトギャラリー

  • 入居者様のお誕生日会が開かれました

スタッフのご紹介

開設当初から勤務しています!

田中 亜有子

介護支援専門員

開設からたくさんの入居者様・ご家族様に出会いました。今までの経験を活かして、入居者様・ご家族様・職員、そして大倉湯に関わる全ての方が笑顔で過ごせるようなグループホームでありたいと思っています。

入居者様と毎日真剣に向き合っています!

斉木 恵介

介護福祉士

大きな声で元気を振りまいていた入居者様が、ここでの最初の看取りとなった事は今でも忘れられません。その時に学んだことを生かして、入居者の皆様がいつまでも元気に過ごして頂ける様支援したいと思っています。

第2の”我が家”を目指して

菅野 和美

介護福祉士

ここへ入居された方々は口癖の様に「家に帰ります」「ありがとうございました。また遊びに来ます」と言われます。そんな時、ここが安心して暮らせる”我が家”になればと思っています。笑顔の絶えない日々になれば良いと接しております。

笑顔を引き出す介護職員を目指して

遠藤 藍美

管理栄養士・初任者研修修了

世間話で盛り上がったり、美味しいねってご飯を食べたり、トランプなどで一緒に笑いあったり、そんな入居者様の日々の笑顔を見るのが大好きです。今を楽しく、明日も笑顔で過ごせるようにサポートしていきたいと思います。

スタッフからのメッセージをもっと見る

施設関連資料ダウンロード

施設、サービスをご希望の方へご紹介されるにあたり、下記に各施設の必要な情報の閲覧、 書類のダウンロードの案内をご用意させていただきました。ご紹介に際しまして、ぜひご活用ください。

無料 お気軽にご相談ください