看護小規模多機能居宅介護(通い・訪問介護・宿泊・訪問看護)

住み慣れた地域で、ご自宅を終の住み処として安心して暮らし続けたい高齢者の方のためのサービスです。
小規模多機能型居宅介護と同様の「宿泊」「通い」「訪問介護」に加え、介護サービスだけではなく医療的ケアが必要な方には訪問看護もご利用いただけます。

小規模多機能型居宅介護と同様の「宿泊」「通い」「訪問介護」に加え、医療ケアが必要な方に看護小規模多機能型居宅介護が便利です。

看護小規模多機能型居宅介護とは、通常の場合通い・訪問・宿泊・訪問介護はそれぞれ別の事業所への手配・手続きが必要ですが、看護小規模多機能型居宅介護の場合一つの事業所への手配・手続きでご利用が出来ます。

下記すべてあてはまる方がご入居いただけます

要介護1~5の
認定を受けた方
住所地が施設と
同じ自治体の方※施設により異りますのお問合せください

ヒューマンライフケアの看護小規模多機能型居宅介護の特長

「通い・訪問介護・宿泊・訪問看護」を馴染みのスタッフが担当します

時には宿泊、時には訪問と、ご利用目的によって施設やスタッフが替わると、ご利用者様とそのご家族様には、身体的、精神的、経済的な負担が大きくかかります。
ヒューマンライフケアの看護小規模多機能型居宅介護であれば、宿泊・通い・訪問介護・訪問看護をまとめて馴染みののスタッフが担当いたしますので、安心してご利用いただけます。

「通い・訪問・宿泊」通常であれば別々の事業所に依頼し別々のスタッフが対応いたしますが、ヒューマンライフケアでは一貫して同じスタッフが担当いたします。

医療的ケアが必要な方も安心です

「看護小規模多機能型居宅介護」では、たん吸引や在宅リハビリなど看護師によるご自宅でのケアと、通い・宿泊・訪問介護のサービスを一貫して行いますので、医療的ケアが随時必要な方でも細かな状況の変化をつかみやすいのがメリットです。ご自宅で介護をするご家族様の負担軽減にもつながります。

医療的ケアが必要な方も安心です

「ケアテクニカルマイスター」でスタッフの質を強化

ご入居者様の安心・安全を守るため、正しい介護技術を身につけ、それを普及させる独自の認定資格「ケアテクニカルマイスター」の取得を全スタッフに促進しています。

看護師が常駐し、地域の医療機関とも連帯しているのは看護小規模多機能型居宅介護ならでは。

訪問看護サービスの流れ

ライフサポートプランの作成 → 看護師がご自宅へ訪問 → 主治医の指示にもとづいたサービス提供 → 記録、ご本人・ご家族へ説明

訪問看護サービスの場合

看護師がご自宅に訪問し、健康状態の観察や主待医の指示のもとに決められた医療処置や医療管理、在宅でのリハビリテーションなど、幅広い対応を行います。病院から退院直後の方や、継続的に医療的ケアが必要な方にご利用いただけます。

看護小規模多機能型居宅介護では看護師がご自宅に訪問し対応いたします。継続的に医療ケアが必要な方に安心です。

宿泊サービスの流れ

ライフサポートプランの作成 → 9:00~ ご自宅にお迎え → 10:00~ 健康チェック → 10:30~ ご入浴 → 12:00~ お食事 → 13:00~ レクリエーション・体操 → 18:00~ 宿泊

  • 時間はおおよその目安です。

宿泊サービスの場合

状況やご都合にあわせてご利用できます。
例えばご家族様の急なご用事などでご帰宅が難しくなった場合、「通い」サービスからそのまま続けて「宿泊」サービスをご利用いただくことが可能です。短期~長期間のご利用にも対応いたします。※「宿泊」サービスは「通い」サービスをご利用の方が優先的にご利用いただけます。また宿泊室の空き状況によります。

突然の予定変更でも大丈夫。「通い」サービスからそのまま続けて「宿泊」サービスをご利用いただくことも可能です。

通いサービスの流れ

ライフサポートプランの作成 → 9:00~ ご自宅にお迎え → 10:00~ 健康チェック → 10:30~ ご入浴 → 12:00~ お食事 → 13:00~ レクリエーション・体操 → 16:00~ ご自宅にお送り

通いサービスの場合

ご自宅への送り迎えからお食事、入浴の介助、レクリエーション・体操などイキイキとした1日をお過ごしいただけます。ご利用者様の状態に応じた機能向上プログラムも取り入れており、体力や身体機能の維持・回復・向上をめざします。
また、さまざまな行事や交流会などで地域の方々との「つながり」を大切にしています。

「通いサービスでは」さまざまな行事や交流会などで地域方々との「つながり」を大切にしています。

訪問サービスのの流れ

ライフサポートプランの作成 → なじみのスタッフがご自宅へ訪問 → ライフサポートプランにもとづいたサービス提供 → 記録、ご本人・ご家族へ説明

訪問サービスの場合

ご自宅での生活を支えるために、身体介護や生活援助の他、見守りや服薬管理などを行うための訪問介護を行います。例えば退院直後、ご自宅で日常の暮らしに戻るまでの援助を「通い」や「宿泊」のサービスと組み合わせたり、ご家族様・ご本人様の状況や体調などに合わせて柔軟に対応いたします。

「通い」や「宿泊」のサービスとの組み合わせも可能。ご家族様・ご本人様の状況や体調に合わせた「訪問サービス」もご利用できます。

介護サービス一覧