ヒューマンライフケア
認知症予防プログラム

あらゆる角度から
認知症状の予防・改善を目指します

2017年に発表された厚生労働省の調査では、「介護が必要となった主な原因」として、認知症が初めて1位となりました。高齢者が住み慣れた地域で生活を続けるために、特に認知症に対する適切なアプローチが求められています。

そこで当社では「認知症にならない・進行させない」を目的に独自の「認知症予防プログラム」を開発し、全国の介護施設で取り組んでいます。

その1【脳トレ】

ヒューマンライフケア独自の脳トレBOOK「認知症に負けない 大人の学習帳」を、ご利用者様全員にお渡し、日々取り組んでいます。
記憶力・計算力・注意力・発想力・空間認識力・思考力・言語力の7つの能力を楽しみながら効果的に鍛えることで、認知症予防や認知症状の改善を目指しています。

その2【運動】

元NHKテレビ・ラジオ体操の指導者 西川佳克氏が考案した「にしかわ体操」に日々取り組んでいます。
毎回約3分間、音楽に合わせて考えながら体を動かすことで、脳と筋肉を同時に鍛えます。脳科学や解剖生理学の視点から開発された体操に楽しみながら取組むことを習慣化することで、筋力や柔軟性の維持・改善と、脳の活性化による認知症予防を目指しています。

 



ヒューマン体操始めました。

 



2019年1月より新しいオリジナル体操『ヒューマン体操』がスタートしました!

座ったまま、無理なく出来る!脳と筋肉を同時に鍛えて認知症予防音楽に合わせて、明るく・楽しく・元気よく!1回:約4分で、全身の筋肉をほぐし血流を良くするストレッチと、足腰の筋力を維持・強化し、神経を刺激して脳を活性化させるトレーニングを、どなたでも楽しく・無理なく行うことができます!

ヒューマン体操

 



ヒューマン体操を体験しませんか。

お近くの施設を探す