ケアプラン(居宅介護支援)

ケアプラン(居宅介護支援)とは、要支援または要介護認定を受けた方の状況やご要望にもとづいて目標を設定し、それを達成するためにどのような介護サービスをいつ、どの程度利用するのかをまとめた利用計画書のことです。
ケアプランの作成は介護保険でまかなわれてますので、費用は一切かかりません。また、状況の変化に応じていつでも内容を見直すことができますので、ぜひお気軽にご相談ください。

ケアプラン(居宅介護支援)とは、介護サービスどの程度利用するのかをまとめた利用計画書のことです。

介護に関するお問い合わせはこちら

ケアプラン(居宅介護支援)ご利用までの流れ

利用相談

  • 介護が必要と認定された場合、各種介護サービスをご利用いただけます。
  • お気軽にご相談ください。
心身状況の把握

  • ケアマネジャーがご自宅へ訪問し、心身状態についての聞きとりをします。
  • その際、各種介護サービスについてご案内します。
ケアプラン作成(原案)

  • 聞きとりの結果をもとにケアプランの原案を作成します。
サービス担当者会議

  • 各サービスの代表者と主治医などが集まり、ご利用者・ご家族の意見を取り入れながら目標を共有します。
サービス利用開始

  • 各サービス事業者によるサービスが始まります。ケアプランの内容変更やサービスについてのご相談を承ります。
モニタリング

  • 定期的にご自宅を訪問し、サービスの利用状況や目標達成度、満足度などを確認させていただきます。

こんな方にオススメです

専門家に
介護の相談がしたい

介護が必要な方、そのご家族からの相談を介護の専門家がお受けします。

介護サービスを利用したい

介護サービスを受けるために必要な、要介護・要支援認定の申請支援を行います。

自立した生活を送りたい

自立した日常生活を送るための介護計画をケアマネジャーが作成します。

介護サービス一覧